ニュージーランドの教育システム

kiwi日本と異なる ニュージーランドの教育システム

入学ニュージーランドでは通常5歳のお誕生日を迎えてた順にそれぞれ小学校に入学します。 一斉に入学するのではないので新入生児童に対しては慣れるまで先生が個別に指導を行なったりするのもニュージーランド的な個人を引出す指導の表れでしょう。地域や公立/私立によって様々な形態があるのですが通常都市部での小学校は6年間で、そのあとは2年間のインターミディエット・スクールに進みます。そして5年間の高校を経て大学や専門学校等へ進学します。

ニュージーランドの教育システム - 日本の教育システムとの比較

kiwi全国統一試験証明書

高校以上の中・高等教育に関しては国が定めた修学証明となる証書が発行され進学や就職の際にはとても重要な役目を果たします。高等学校での教育に対してはNCEA = National Certificate of Educational Achievementという証書が発行されます。これがニュージーランドでの全国共通の統一試験証明書です。NCEAの一番最初のレベルはYear11/Form5修了時に発行されるNCEAレベル1です。レベル2、レベル3と学年毎に上がってゆき高校高学年の3年間の集大成としてYear13/Form7終了後にNCEA University Entrance Certificate = 大学入学資格取得証明が貰えれば正式に高校を卒業して大学での高等教育に進むことができます。

NCEA National Certificate of Educational Achievement - ニュージーランド高校留学