失敗しない高校留学

kiwi失敗しない高校留学

高校生の皆さんのガーディアンを務め、自身もニュージーランドで子育てを経験した当社のスタッフ達がこれからニュージーランドの高校留学をご検討されている親御さまへ高校留学を成功させる為のカギをご案内いたします。

kiwi地理的条件

都会の高校では週末やホリデー中にショッピングやエンターテイメント施設があって息抜きができます。一方で田舎の高校では遊ぶ場所は限られていますが、大自然を満喫できます。

kiwi規模

小規模な高校では全校生徒数は数百人程度。全体的に学校はフレンドリーで生徒がお互いに顔見知りという感じです。大きな学校が苦手という生徒さんにはお勧めです。ただし、選択科目が限られているため、写真や技術などの特別な科目の選択がない場合もあります。最大規模の高校は3000人以上生徒数がいて、選択科目の幅はとても広いです。

kiwiサポート体制

国際部のサポートが手厚く、放課後にホームワーククラブのような留学生がいつでも先生に宿題などで分からないことがあれば聞ける環境が整っている 学校もあります。また日本語が教科にある学校は日本語教師がいるため、何か分からないことがある場合も頼りになるという利点もあります。

kiwiバディシステム

留学生が学校生活に慣れるまで数週間バディというお世話役の生徒をつけてくれる学校もあります。通常、バディは休み時間に一緒にランチを食べて、校内を案内してくれたり、色々な友達に紹介してくれたり世話好きな生徒がつきます。

kiwiクラブ活動

スポーツや音楽、ドラマなどの文化活動を通して友達を作ることが大切です。お子さまが希望するクラブが存在するか事前にチェックしましょう。

kiwi大学進学率

地元の生徒にとって、NZの公立高校は校区に居住していれば入学できるので成績優秀校へは人気が集中し、子供の入学のためにわざわざ校区へ引っ越 す親もいるほどです。学校によってはとりいれている試験制度が異なります。ほとんどの高校がNZの全国統一試験NCEAを導入していますが、イギリス教育システムで あるケンブリッジ国際試験のカリキュラムを採り入れている学校もあります。統一試験の合格率や大学進学率を調べるのも手段です。有名な学校は先生 の質が高く、勉強のレベルも高いと言われています。