アジアの言語教育にも力をいれています

国際人を育てるニュージーランドの教育

先日の言語教育のブログにタイムリーなニュースがとりあげていたのでちょっとお堅いニュースですがご紹介します。政府の教育省大臣は今後3年間で国内22の教育プログラムへ、3百万ドル以上(2億5千円強)の補助金を投入することに決定したと発表しました。既にワイカト大学から中国人の学生を近辺の中学校、高校へ派遣し、言語を教えるプログラムも実行されており、それは全て政府の補助金で賄われています。政府の目的としては英語以外の特に社会的、経済的にもニュージーランドと密接に関係がある中国、韓国、日本などのアジアの言語を未来を担う生徒達に身につけてもらい、国際人を育てていく計画です。このような政府の方針によってさらに国際色豊かな国へと発展する日が来るのはそう遠くはないでしょう。