高校年度末の名誉あるPrize Giving

高校年度末の名誉あるPrize Giving

NZの高校では、年度末に「Prize Giving」という1年間よく頑張りましたねという表彰式が行われます。式はアカデミック、スポーツ、文化系で別に行われ、表彰される生徒とその家族が招待され、数時間にわたり各生徒の栄誉を讃えます。学校のホールで行われる学校もありますが、コンサート会場などを 借りて大々的に主催する学校もあります。先生が、各生徒の名前と表彰される内容を読み上げ、生徒は一人ずつ壇上へ上がり、賞状やトロフィーなどをもらいます。途中にブラスバンドやジャズバンドの演奏などもありエンターテイメントもばっちりです。

そしてAcademic Prize Givingを締めくくるのは卒業生の優秀成績上位の発表です。成績優秀者はDux(主席)やProxime Accessit(成績優秀者)とラテン語で名誉称号をいただけます。先生が成績優秀生徒の高校5年間分の業績を全部読み上げるため結構時間がかかるので すが、会場は拍手と歓声で大興奮!!このような名誉称号は大学入学や後の就職の際にも大いに役立つため、生徒は賞を取るために必死に勉強します。もちろん帰国子女枠で 日本の大学へ入学希望の生徒さんもこのような賞を取得すれば、役に立つこと間違いないです。